201601/01

体験談27:自分の感情に正直に生きることは悪いことじゃない

今年、3回のセッションを受けました。

仕事歴は約30年、今は管理職となった私は、「仕事上の良い子」と「所在ないプライベート」の2面性に迷い、これから自分が目指す方向が分からずにいて、そのヒントがつかめれば、というのが申し込んだきっかけです。

セッションで印象に残ったことは幾つかありますが、中でも、とっても腑に落ちて、今や私のおまじないようになっているのが、「○○でも○○でなくても、どっちでもいい」というフレーズです。

小さい頃から、「○○じゃなきゃいけない」と決めつけ、知らず知らずに人の顔色を見て、「○○であることで評価されている」と思い続けてきたのに・・・、「えーそれあり!?」という衝撃でした。

でも、不思議なことにそのフレーズで心が軽くなったのです。そして自分の感情に正直に生きることが、決して悪いことじゃないんだ!ってことに気がつきました。(考えてみれば当たり前なんですけどね、でも本当に目から鱗だったのです。)

しかし、そもそも仕事以外では超人見知りの私がなぜセッションを受けたのか?
それは彩さんの人柄です。セッションを申し込む前に、ご主人の立さんとご一緒のセミナーに出たのですが、その時の彩さんの印象が、「盛らない人だなあ」というもの。もちろん、良い意味で!

ご自分のことも盛らない(飾らない)だろうし、人に対してもおべっかや、その場しのぎのコメントしない人だろうなあ、と、これは直感だったのですが、当たっていました。
だからこちらも、飾らなくですんだんですよね。

そして、静かなトーンのセッションは終わってからもじわじわと効いてきます。その意味で、1回ではなく3回にしたのは正解でした。セッションとセッションの間に熟成されて、効き目が倍増です!

何しろ、人見知りなんで・・・実は申し込んだ直後はなんで最初っから3回申し込んじゃったんだろ〜と思ったりもしましたが(笑)、大正解でした!

2015年 50代・女性・サービス関連業界管理職

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInEmail this to someone
201512/25

体験談26:演奏仲間と新しい関係で音楽活動を

その節は大変お世話になりました。

彩子さんの真摯で誠実なお人柄に助けられて、問題解決に向けて重要な一歩を踏み出すことができました。

うまくいかない原因が、母との関係という思いがけない方向に話しがいき、驚きましたが、そう言われてみると、なるほど・・・全てが納得できます。

音楽家として、演奏仲間との関係を良くしていくためには、単に表面的なコミュニケーション・テクニックの問題でなく、もっと深く、これまでの自分の人生を見直すこと、自分自身をみつめ直すことから始める必要があることがよく分かりました。

簡単なことではありませんが、少しずつでも 本来の自分を取り戻しながら、仲間と新しい関係で音楽活動をしていきたいと思っています。

心から感謝しています。

2015年(ヨーロッパ在住・オペラ歌手・女性)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInEmail this to someone
201512/25

体験談25:社長になって2年目の行き詰まりが解決へ

【セッションを受けた感想とその後の状況】

約1年前、私を心配してくれた方からの紹介で、セッションを受けることになりました。(セッションは全3回)

当時の私は、社長になって2年目に入ろうかという時期で、常に行き詰まりを感じていました。
自分の力ではどうにもできない見えない壁に覆われ、苦しくてしかたありませんでした。
また、理想と行動のギャップが大きくなり続け、思い通りにならない苛立ちと、後悔と反省の繰り返しで、いつの間にか「頑張っているのに誰も認めてくれない」「誰もわかってくれない」と他責の念が強くなり、常に何かと葛藤し無理をしている状態でした。

このようなときに、ソノラスタジオのセッションを受けたのです。

1回目のセッション、どんなことをするのだろうと、少し緊張しながら受けていました。
質問を受けながら少しずつ自分の話をしていくのですが、大塚先生がうまく誘導してくださるので、いつの間にか、自分でもびっくりするくらいペラペラと話すことができるようになります。

先生は、私が話した内容のキーワードを拾っていき、それらのキーワードをひとつひとつひも解き、まとめてくれます。そして、あるキーワードにたどり着くのですが、ここから不思議な体験をします。

その言葉を先生の口から告げてもらった瞬間、私の目から涙がボロボロとあふれ出てきたのです。
我慢などできません。しばらく涙が止まりませんでした。
心や行動にブレーキをかけていたキーワードを言い当てられて、脳がびっくりしたからなのだと思います。

そのキーワードは、私が子供のころから、知らず知らずのうちに気にしており、自己防衛のためか、いつの間にか感情と行動が支配されていたものでした。
自分では気付かなかった深層心理に触れられた衝撃に脳と心が驚き、涙が止まらなくなったのだと思います。呪縛から解き放たれた瞬間に起きた、本当に不思議な体験でした。

 

呪縛から解放されると、心に大きな空間ができた感覚になりました。
呪縛が解き放たれ、心のブレーキが解消されたのに、今まで長いこと縛られていたので、これからどのように行動してよいのかわからないのです。

2~3回目のセッションは、この大きく空いた心の空間を、埋めてくれるものでした。
自分の好きなこと、楽しいこと、ワクワクすること、人との出会い、人生で影響を受けたこと、苦労、試練、違和感、本当はこうありたい、こうしたい、ああしたい、などの項目から、本音と気持ちを引き出し、キーワードを拾ってくれます。

そして、それぞれのキーワードをまたひとつひとつひも解いてくれて、その中から、これから行動していく、アクセルになるキーワードを導いてくれるのです。

このセッションにより心の大きな空間が埋まり、これまでの自分と、これからの自分が明確になり、どのように行動すればよいのかがわかるようになりました。

全てのセッション終了後は、肩の力が抜けていて、穏やかな温かい気分になっていました。
先にあった「行き詰まり感」「見えない壁」「苦しみ」「苛立ち」「何かとの葛藤」はすでにありません。深層心理にあった根本的な呪縛の原因がわかったので、解消されていたのだと思います。

現在、セッションを受けて約1年過ぎましたが、効果は継続中です。

私の場合、自分一人では、どうしようもできなかったことが、たった3回のセッションで解決されました。
考え方や物事の受け取り方も良いほうに改善されたので、私にとってセッション受けた効果は絶大で、とても満足できるものでした。

 

【これから、セッションを受けようかどうか検討している方へ】

「行き詰まりを感じている、見えない壁がある」

このような思いを少しでも解消したい、変えてみたいと思う方はお勧めします。本当の自分と向き合うことができると思います。

人によって効果は様々だと思いますが、体験されたことは、多くの気づきとともに、ご自身の財産になると思います。

心療内科で受ける心理テストやカウンセリングとは、別次元だと感じました。

 

2015年 39歳男性 製造・販売業 代表取締役社長(3代目後継者)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInEmail this to someone
201512/25

体験談24:1回のセッションで離婚危機が過ぎ去った

僕たち2人は夫婦でそれぞれ彩さんのセッションを受けました。

最初に妻が、次に僕が。
僕たち2人は自己否定の塊
ある意味似た者同士。

僕はアクティブ。
変化を好む。
けど今はとても怖がり。
世界が怖い。
そして妻に怒っている。
他人に流される。
言いたいことが言えない。

妻は保守的。
変化を好まない。
僕が怖い。
家のことは全て私の仕事。
他人に流される。
言いたいことが言えない。

彩さんのセッションを受けて、変わったこと。

BEFORE
僕:家事や育児も参加させてくれ!けどやりだしたらなんか違う・・・
妻:家事や育児は私の仕事!やらなきゃ!
AFTER
僕と妻:お互い家事や育児に変な気を使うことも、相手に罪悪感や後ろめたさも感じることがなくなった。
見返りや感謝も求めない。なんか、ニュートラルになった感じ。

BEFORE
営業:Bがいいですよ。
僕:(Bは嫌と言えず)Aはどうですか?
営業:Aはここが良くないからBがいいと思いますよ。
僕:(絶対Aにしたいのに)じゃあBで・・・
妻:(営業さんいい人だから)じゃあBで・・・
~後で~
僕:Aにすれば良かった・・・
妻:こんなはずじゃ・・・

AFTER
営業:Bがいいですよ。
僕:けど僕Aが好きなんです。
営業:Aはここが良くないからBがいいと思いますよ。
僕:(自分の価値観を信じる!)それでもAが好きなのでAで!
妻:(営業さんに決めてもらうんじゃなくて自分で決めよう!)Aならこういう条件でもいい?
僕:じゃあその条件付けてAにしよう!
妻:うん!
~後で~
僕と妻:条件付きAにして良かったね!

BEFORE
営業:このABC、3つのプランはどうですか?
僕:(納得いかないけど営業さんに迷惑をかけて悪いから)じゃあBで・・・
AFTER
営業:このABC、3つのプランはどうですか?
僕:Bが一番近いけど、こういう比較もしたいから、DとEも出してもらえますか?
(迷惑と思うかは相手の問題だし。楽しんでくれるかもしれないし。わからないし。)

BEFORE
僕:今洗濯したら夜の分の洗濯が出来ない。けど、夜洗濯したら夜の時間がとられるし夜まで待たないといけない。
(どっちもNG)
AFTER
僕:今洗濯したら夜の自由な時間が出来てしかも早く干せて嬉しいし、夜洗濯したら夜の分も洗濯できて嬉しい!
(どっちもOK)

BEFORE
僕:あんなこと思っちゃいけない、ネガティブになっちゃいけない、挨拶はしないといけない、交通マナーは守らないといけない、こうしなきゃ、ああしなきゃ・・・
AFTER
僕:あんなこと思ってもいいし、思わなくてもいい、ネガティブになってもならなくてもどっちでもいい、挨拶はしたかったらすればいい、交通マナーは守ったほうがいいが自分で決めていい、ああしていいし、こうしていいし、しなくてもいい
(僕はレベル30になった。「どっちでもいい」と「どうでもいい」という魔法を覚えた。)

BEFORE
妻:夜は私が料理を作って子供達に食べさせて寝かせなきゃ・・・夜は自分の時間はとっちゃいけない!
僕:自分の時間持ったら?と妻に言うくせに僕自身の時間はとっちゃいけないと思っている!
AFTER
妻:今日はテニスだからパパお風呂お願いね!じゃあ行ってきます!
僕:いってらっしゃい!と送り出して子供とテレビ~。

僕たちはたくさん変わりました。1回のセッションで。
離婚危機が過ぎ去ったのは言うまでもありません。
(セッションを受けたときは離婚がメインテーマでした。笑)

相手にとらわれることなく、自分の領域を守ることができ、他人の領域と区別がつくようになりました。
また自分を大切にすることができてきています。

心は今とても軽いです。
次は、未来に向けてセッションしたいです。
彩さん、ありがとう。

2015年(30代・男性・自営業)

 

関連ブログ記事

1回のセッションで離婚危機を乗り越えたご夫婦の物語

 

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInEmail this to someone
201512/25

体験談23:20年もデザイナーをやって来れたことは大成功!

私はフリーランスのデザイナーで、仕事への情熱がなくなってきてしまい、

それを見事に反映するかのように仕事も減ってきました。

仕事を減らすことは、ある意味望んでいたことなのですが、
いざ仕事が減るとなると最初は時間ができていいのですが、次第に不安になり、しかし仕事の資料すらみたくないという自分自身の気持ちとのせめぎあいで、いてもたってもいられなくなり、思い切ってセッションをうけました。

大塚さんでしたら、アーティストや制作者の燃え尽きた気持ちを理解してくれるのではと思ったからです。

大塚さんとのセッション後、自分に黒くかぶさっていたものが、1枚はがれたようです。
今はとても気持ちがクリアで、おだやかです。
また、大塚さんの経験からおっしゃっていただいたことも、重みがあり、心に響きました。

今は私は、大丈夫。と自分を信じて、この転換期のさなぎの時間も楽しみたいと思います。

そして、少し経ってから私は、自分自身が考える「成功」のハードルがものすごく高かったんだなあと、気づきました。

以前は自分の失敗も許せず、自分を責めてしまいました。
自信のなさから来ていたのでしょうね。

私自身は美大をでずに、デザイン事務所で仕事を覚えたのですが、それもコンプレックスでした。
しかし、美大出てなくても、20年もデザイナーをやって来れたことは大成功だったなあ。と心から思っています。

世間のスポットライトを浴びることや高評価を受けることだけが成功でないなあと(もちろんそういうのもあれば嬉しいですが)。

生きていれば成功〜!くらい思っていれば、人生観も変わりますね。

きっとこれからも、いろんないいことや嫌なことも起きるかもしれませんが「嫌なことはうけとらない自由」を胸に、自分のことにフォーカスしていきたいと思っています。
人やものに囚われないって、楽ですし、ワクワクします。

ありがとうございました。

2015年(デザイナー・女性)

 

関連ブログ記事

クリエイターにはクリエイターの悩みがあるから

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInEmail this to someone
1 2 3 4 5 6