プロフィール

大塚 彩子 おおつかあやこ カウンセラー/作曲家

1967年 神奈川県鎌倉市生まれ
東京芸術大学音楽学部 作曲科 卒業
聖徳大学音楽学部 音楽療法コース 卒業

・日本音楽療法学会 認定音楽療法士
・岡部明美LPL認定セラピスト

公式ブログはこちら

経 歴

  • 東京芸術大学在学中より、アンミュージックスクールにてアレンジとジャズピアノを羽毛田丈史氏に学ぶ。
  • 1995年よりオカリナ奏者・宗次郎のアレンジとピアノ担当としてツアー、録音に参加。
  • 以降、鬼束ちひろ、園まり 等、様々なアーティストのツアーやライブでサポート演奏を経験する。
  • 2002年、ユニットPRISMIXを立ち上げ、オリジナル曲のライブ活動を開始。
  • 2005年、プロジェクトPRISMIXとしてアニメ・サウンドトラックの作曲・録音を手がけるようになる。
  • 2006年、アニメ「ゼーガペイン」サウンドトラックCDがビクターより発売される。その他アニメ、ドラマ、ミュージカル等、ジャンルを超えて打ち込みからオーケストラまで幅広く扱って作曲する。
  • 約20年間にわたり、ピアノ・作曲・編曲など音楽家として様々な活動をした後、「燃え尽き体験」をきっかけにして、音楽を作ることから、音楽を通して人の心にダイレクトに関わることに重心を移す。
  • 2011年、聖徳大学音楽学部 音楽療法コースに社会人編入学。 同時期に並行して、カウンセリング・心理療法等を学びながら自己再構築の歩みを続ける。
  • 2012年、岡部明美カウンセラー/セラピスト養成講座4期終了。
  • 2013年、聖徳大学・音楽療法コースを卒業するとともに、日本音楽療法学会・認定音楽療法士の資格を取得。
  • 2014年、岡部明美LPL認定セラピストの称号を取得。
  • キャリアを積んだ音楽家として音楽療法に関わりながらも、深く人の心に関わるには、音楽療法だけでは限界があると感じて、さらに現代のさまざまな心理療法やメソッドを学び、実践を積む。
  • 人が本当に人生を前向きに進んでいくためには、「思考」とのつきあい方・距離の取り方がカギであることを痛感して、「ビリーフ(思い込み)の解放」というテーマに重点的に取り組む。
  • 2013年、健康な普通の人がさらに前進・飛躍するための「アクティブ・セラピー」を提供する場として、東京都北区・田端にSONORA GARDEN(ソノラ・ガーデン)を立ち上げる。
  • 2013年12月、麻布十番移転を機に名称を「SONORA STUDIO(ソノラ・スタジオ)」に改める。 音楽療法・心理療法の枠を超えた独自のスタイルで、オリジナルメソッド「ビリーフリセット®」を提唱し、個人セッションや勉強会を開催。
  • 2014年5月、夫の立花岳志(作家・ブロガー)とともに株式会社ツナゲルを設立。
  • 2015年5月、六本木に移転。 個人セッション、大塚単独の講座・ワークショップ等の開催、立花と共催のツナゲル・アカデミー、TLI講座等、「あり方とやり方をツナゲル」学びの場作りを行うことで、自由に自立的に生きたい方、本当にやりたいことを実現していきたい方に「心と現実」両側面からのサポートを提供する。
  • 2016年4月、自社レーベル「ツナゲル・クリエイション」より自作曲のピアノ演奏CD「森羅万象(ありとあらゆるもの)〜ピアノで語るゼーガペイン〜」を発売。同年6月にヤマハ銀座スタジオにてワンマン・ライブ開催。音楽活動を本格的に再開する。
  • 2016年より、「ビリーフリセット・カウンセリング」ができる人になるためのカウンセラー養成講座「ビリーフリセット・カウンセリング講座(通称BRC)」を開講。受講生の中からプロ活動へ踏み出す「認定ビリーフリセット・カウンセラー」がもうすぐ誕生する予定。

資格など

  • 日本音楽療法学会認定音楽療法士
  • 日本音楽療法学会 会員
  • 岡部明美LPL認定セラピスト
  • シータヒーリング基礎プラクティショナー
  • トリニティ プラクティショナー

セッションに使用しているメソッド

  • 傾聴カウンセリング、ハコミセラピー、ゲシュタルト療法、プロセスワーク、ファミリーコンステレーション、認知行動療法、スキーマ療法、バイロンケイティワーク、セドナメソッド、ディマティーニメソッド、 シータヒーリング、トリニティメソッド、創造的音楽療法、分析的音楽療法、音叉ヒーリング

大塚彩子の過去がわかるブログ記事

芸大まで出て20年プロをやった私が、音楽に燃え尽きた理由

5年前の今日、私は燃え尽きから立ち上がりつつあった

9年越しで音楽再起動・6月25日ライブ 大塚彩子ピアノ&トーク

師匠の話をしよう。人生の転機をサポートする無流派「あけみ流」

絶望しても信じている

「変わる」とは元々あったものが現れること

こんなにやめても大丈夫だった!私の「やめた」自慢

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInEmail this to someone