201512/05

体験談3:感情を感じることはすごいエネルギーになる 

感情の表現を、自分の好きな楽器を使ってしてみるところは、とてもよかったです。
さらにそれをうけてあやさんのイメージで音楽を奏でてくれたので、相乗効果でとても良かったです。
自分で感じてるところをうまく表現できないけれど、波動とか雰囲気とかをあやさんが感じとってくれて、表現してくれるのが嬉しいです。
その際に「演奏に違和感があったら言って下さい」とおっしゃって下さったので、より自分の感情を探れました。

以前の私にとって感情を感じる事は、役に立つ事ではないと思っていたので、本当に軽々しく扱ってきました。
ちゃんと向き合わず、粗雑に扱って見過ごしてきました。
でも、あやさんのセッションを受けて、感情を感じるって事は、役に立つどころか、自分にとってすごいエネルギーになると実感しました。
感情を感じきった後に理性を働かせれば、感情を糧にしたエネルギーが、理性に向かってすごい力を発揮するってことを体感できました。

音の波動は細胞にダイレクトだから、くすぶっている感情を呼び覚ます事もできるし、共鳴作用で、出てきた感情を十分感じることもできる。
正に、響きの呼応を、クライアント主役のオリジナルの音楽として奏でてもらえるのは、自分を知る一つのメソッドとして、多岐の音楽に精通されているあやさんにしかできない事だと、私は、心から感動しました。

2013年(40代 女性・自営業)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInEmail this to someone