201512/05

体験談15:一緒に探しあてて形にするようなセッション

相性の良さを感じて

先日はありがとうございました。
セッション中、セッション後ともに、終始抵抗なく、否定的な思いがもたげることなく、充実した時間でした。
私は心理学やセラピーの概念に興味があり、自分で本を読んだり、数年に一度、節目の時などに気になるセラピストの方のカウンセリングを受けることがあるのですが、それほどピンときた感じが今まではありませんでした。
けれども、彩さんのセッションでは「似た気質」や相性の良さを感じて、私としてはとても珍しく嬉しい出会いでした。
”わかる” “通じてる” かんじ。そういう相手が一人でもいると、霧がすっと晴れたり自信になったりします。

具体的に、彩さんのセッションのどのような点に、心地良く相性の良さを感じたのか書かせて頂きます。

メモを私に見えるように書いてくれた!

まず大きいのは、私のとりとめのない会話をレポート用紙に、”私に見えるように"書きまとめて下さったことがあると思います(お願いして最後に頂くことができました!)
これは驚きました。今まで、カウンセラーさんや臨床心理士さんと何度かお話しましたが、メモをとられる方は、こちらには見せないように書かれていました。
“自分の頭を整理したい”、”自分にどのようなことがおこってるのか知りたい” という思いで来た私には、カウンセラーさんが何か判断されていく過程が明かされないというのは、置いてけぼりをくらってるような物足りなく感じる所がありました。
今回、同じテーブルに手をつき、彩さんの質問に答えた私の言葉が実際に紙に書かれていかれる様は、今まで感じなかった充実感を感じることが出来ました。
今まで何度となく考え、自分でも文字にして来た言葉も人の手で、紙に書かれるとはじめて「外に出た」ような、ぐるぐると同じ場所を巡ってたとこから一歩「前に出た」感覚を得ました。

ピアノのメロディを聴いて、力強い感覚が湧いた

それから、途中で楽器を使う場面があったのですが、彩さんが私の反応を瞬時に感じて、楽器やアプローチの種類が自由自在に変わっており、これは静かに感動させて頂いておりました。

手元の小さな楽器でのアプローチで、中々私のイメージが広がらなかった時、すっといつの間にか背面のピアノに座っておられて(一応静かに「ピアノに変えてみますね」とおっしゃってくれました)深く身体に穏やかに響くメロディが聴こえて来た時は、やられた〜!と思いました(笑)。
実は私は音感もリズム感もボロボロの音楽音痴で、セッション前は若干の不安を持っていたのですが、最後のピアノの即興曲を聴いた時に、力強い感覚が湧いてきて、ビリーフ・ワークで見つけたことを、身体と心で受けとめらるような状態を得られたのが予想外でした。

一緒に探しあてて形にするようなビリーフ・ワーク。
軽やかに臨機応変に形を変える楽器でのアプローチ…お腹いっぱい。
本当に楽しかったです。ありがとうございました。

2014年(30代 女性・アート関係)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInEmail this to someone